ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(開催コース)のJGTO視察

今年のセガサミーカップ開催に向けて日本ゴルフツアー機構(JGTO)の視察が行われました。

渡辺司プロと遠藤誠ツアーディレクターがコースの状況確認を行い、コース関係者とセッティングに関して意見を交換しました。

まずは異常気象の影響が心配されたコースの状況です。コースの所々に季節外れの雨で雪が解け、芝が凍って痛んでしまう「凍害」の影響もみられましたが、大会本番までには良いコンディションに回復できる見込みとのことです。

今年もオールベントの美しい芝を舞台にした戦いが楽しめそうです!

マスコミの取材に応じた渡辺プロは、いいプレイを引き出せる環境を整え、「いいプレイにはご褒美を。ミスショットにはペナルティ」というメリハリが効いたセッティングを目指すと言っていました。

昨年から新たにイーグル賞が設置された14番(パー4)も、ティーグランドを改修してプロのチャレンジスピリットを今まで以上に刺激するホールとなりました。

もともと「ザ・ノース」で勝つためには、アグレッシブにチャレンジするプレイスタイルが必要なコースなので、さらにスリリングな展開が期待できます!

6月に2回目のJGTO視察が予定されています。参加予定選手と合わせて、またレポートさせていただきます。

 

・セガサミーカップ公式ホームページ

http://www.segasammy-cup.jp/index.php

・ザ・ノースカントリーゴルフクラブ公式ホームページ

https://www.the-north.co.jp/

関連記事